MathLink API

MathLinkMathematica システム自体の中で広く使われ,プログラム間通信のユニークな高レベル記号インターフェース標準となっている.種々の言語と便利な結合により,MathLink は1台のコンピュータ上の,または異機種ネットワークを介したプログラム間で,即座に任意の記号オブジェクト—データ,プログラム,その他あらゆるコンストラクト—の効率的な交換を可能にする.

参照項目参照項目

インストール可能なMathLink プログラム »

Install MathLink インストール可能外部プログラムを実行する

LinkPatterns 実行中のMathLink プログラムで使用可能な関数を見付ける

mprepmcc MathLink インストール可能プログラムを外部で準備する

MathLink Mathematica 関数 »

LinkLaunchLinkConnectLinkCreate MathLink プログラムおよび接続を開始する

LinkReadLinkWrite MathLink 接続上で式を読書きする

Links 現在開いているリンクをすべてリストする

C言語関数 »

MLPutInteger32() ▪ MLGetInteger32() ▪ MLPutString() ▪ MLPutFunction() ▪ ...

MLOpenString() ▪ MLNextPacket() ▪ MLTransferExpression() ▪ ...

Java関数 »

evaluate() ▪ evaluateToOutputForm() ▪ evaluateToImage() ▪ ...

put() ▪ getInteger() ▪ getObject()

createKernelLink() ▪ waitForAnswer()

C#/.Net関数 »

Evaluate() ▪ EvaluateToOutputForm() ▪ EvaluateToImage() ▪ ...

Put() ▪ GetInteger() ▪ GetObject()

CreateKernelLink() ▪ WaitForAnswer()

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »