式の交換のための MathLink C関数

 

参照項目参照項目

基本型 »

MLPutInteger() ▪ MLGetInteger() ▪ MLPutDouble() ▪ MLPutString() ▪ ...

MLPutIntegerList() ▪ MLPutIntegerArray() ▪ MLPutByteArray() ▪ ...

簡単な頭部の関数

MLPutFunction() 関数の頭部と引数の数を送る

MLGetFunction() 関数の頭部と引数の数を取得する

MLCheckFunction()MLTestHead() 関数の頭部と引数の数を確認する

シンボル »

MLPutSymbol() ▪ MLPutUCS2Symbol() ▪ ...

MLGetSymbol() ▪ MLGetUCS2Symbol() ▪ ...

MLReleaseSymbol() ▪ MLReleaseUCS2Symbol() ▪ ...

式のパケットの操作 »

MLNextPacket() ▪ MLNewPacket() ▪ MLEndPacket() ▪ ...

低レベル式の操作

MLPutNext() リンクに指定の型の式を置くように準備する

MLGetNext() 式の次の部分に移動して,その型を返す

MLGetType() 式の現在の部分の型を取得する

MLPutArgCount()MLGetArgCount() 頭部の引数の数

式の保管

MLLoopbackOpen() 式の保管のためにループバックリンクを開く

MLTransferExpression() 式全体をあるリンクから他のリンクに移動する

MLTransferToEndOfLoopbackLink() ループバックリンクの内容全体を移動する

低レベル操作 »

MLPutSize() ▪ MLPutData() ▪ MLGetData() ▪ MLSeekMark() ▪ ...

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »