MathLink パケット

Mathematica カーネルが外部プログラムと式を交換するとき,パケットの内側に式をラップするのが慣例である.これにより,式がどのような役割を持つのか,あるいは式をどのように処理すべきなのかが特定される.

参照項目参照項目

EvaluatePacket 純粋に評価のために送られる式

ReturnPacket EvaluatePacket評価の最終結果

EnterTextPacket キーボードからの入力のように入力される文字列

EnterExpressionPacket キーボードからの入力のように入力される式

ReturnTextPacketReturnExpressionPacket 返された最終結果

InputNamePacket, OutputNamePacket InOutラベル

TextPacket Printおよびその他の2次的な出力

MessagePacket Mathematica メッセージ名

CallPacket インストール可能なMathLink プログラムの関数を呼ぶためのデータ

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »