数学タイプセットオプションと調整

Mathematica は世界で最も幅広い,プログラムによる数学タイプセットシステムであり,レイアウトと描画の詳細についてのさまざまな制御を提供する.

参照項目参照項目

Style 任意のレベルで何百ものオプションを指定する

SingleLetterItalics 1文字のシンボルを斜体にするかどうか

NumberSeparator 長い数の桁のブロックの間の分離記号

NumberForm ▪ DigitBlock ▪ NumberPoint

NumberMultiplier 数の間に自動的に挿入される乗算記号

AutoMultiplicationSymbol ▪ ZeroWidthTimes ▪ ShowAutoStyles

AutoSpacing 演算子等の間隔を自動調整するかどうかの制御

ScriptSizeMultipliers 下付き文字等をどれだけ小さくするか

ScriptMinSize 下付き文字等の最小サイズ

ScriptBaselineShifts 下付き文字等の位置をどれだけ下げるか

LimitsPositioning 極限値を小さなスペースに再配置するかどうか

SpanMaxSizeSpanMinSize 伸張文字をどれだけ大きく,あるいは小さくすることができるか

SpanSymmetric 伸張文字が対称的に伸びるようにするかどうか

LineIndent 連続する行をどれだけインデントするか

\[VeryThinSpace] ▪ \[ThinSpace] ▪ \[MediumSpace] ▪ \[NegativeThinSpace]

Ctrl+矢印 スクリーン上のオブジェクトを明示的に少しずつ動かす

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »