ファイル内の Mathematica

Mathematica の記号構造により,任意のMathematica データあるいはプログラムの直列化可能表現を即座に定義することができる.その後,これらのデータあるいはファイルは容易にファイルに保管できる.

参照項目参照項目

Get (<<) — ファイル(.mまたは.mxファイル)からMathematica 式を取得する

Put (>>),PutAppend (>>>) — ファイル(.mファイル)にMathematica 式を書き出す

Needs 必要なファイルまたはコンテキストを宣言し,必要に応じてロードする

FilePrint ファイルの内容を表示する

新規作成 ► パッケージ (.m) パッケージスタイルのノートブックを作成する

Save 変数および関数定義を保存する

DumpSave バイナリファイル(.mxファイル)に定義をダンプする

Export ▪ Splice ▪ Encode ▪ ToExpression

InitializationCell ノートブック内の自動的に評価するセル

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »