Mathematica セッション履歴

インタラクティブなMathematica 計算の履歴は完全に編集可能なMathematica ノートブックで維持され,他のMathematica コマンドで即座に使用できるInOutオブジェクトの列に記号的に保管される.

参照項目参照項目

Out (%%%%n...) — 出力式

In 評価されていない入力式

InString もとの入力文字列

MessageList 各出力が生成されるときに生じたメッセージ

ShowCellLabel ▪ CellLabelAutoDelete

Ctrl+L 入力行を下にコピーする(挿入 ► 直前の入力をコピー

Ctrl+Shift+L 出力行を下にコピーする(挿入 ► 直前の出力をコピー

InputForm 出力,グラフィックス等を入力形で表示する

$Line 再設定可能な現在の行番号

$HistoryLength 保存すべき前の出力の数

$OutputSizeLimit 明示的に指定する出力の最大サイズ

セル ► ノートブック履歴 ノートブックの編集履歴をまとめる

セッション履歴情報の保存

Save シンボル,関数,コンテキストの定義を保存する

PutPutAppend Mathematica 式を保存する

NotebookSave ▪ NotebookAutoSave

ファイル  ►  保存

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »