行列の操作

Mathematica において行列操作は,数値的,記号的行列のどちらについても,自動的に効率的な多数のアルゴリズムにアクセスして行われる.Mathematica は密行列についても疎行列についても最新鋭アルゴリズムを使い,特に高精度の行列と記号行列については多くのパワフルな独自のアルゴリズムを取り入れる.

参照項目参照項目

+*^... すべて自動的に要素単位で作用する

Dot (.) — 行列の積で,自動的に行および列ベクトルを扱う

Inverse 逆行列(線形系にはLinearSolveを使う)

Transpose 転置(EsctrEscで入力する)

ConjugateTranspose 共役転置(EscctEscで入力する)

Tr トレース

Det 行列式

KroneckerProduct 行列の直接積(外積)

MatrixPower 数値行列または記号行列の累乗

MatrixExp 指数行列

MatrixLog 行列の対数

MatrixFunction 一般的な行列関数

EigenvaluesEigenvectors 厳密な,あるいは近似の固有値,固有ベクトル

Eigensystem 固有値と固有ベクトルの両方

CharacteristicPolynomial 記号固有多項式

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »