メモリの計測と最適化

 

参照項目参照項目

ByteCount 式の保管に使用するバイト数

LeafCount 式の中の「葉」の数

Length ▪ Depth ▪ BitLength ▪ Hash

Clear シンボルの主要値をクリアする

ClearAll すべての値と属性をクリアする

$HistoryLength 保管すべき以前の出力数

$RecursionLimit ▪ $IterationLimit ▪ $MaxNumber ▪ $MaxPrecision

MemoryConstrained メモリを使いすぎている場合に計算を放棄する

MemoryInUse 現在使用しているメモリ量

MaxMemoryUsed 現在のMathematica カーネルが使用する最大メモリ

Share 共通の部分式を内部的に共有する

FileByteCount 外部ファイルの大きさ

Compress 任意の式の圧縮文字列表現を生成する

Uncompress 圧縮文字列表現から式を復元する

Short 式の短縮形を表示する

低レベル最適化

Remove ▪ ClearSystemCache ▪ SystemOptions ▪ SetSystemOptions

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »