モデルの接続と操作

Mathematica はブロック図削減と種々のモデル操作を行うためのコアとなる関数一式を提供する.Mathematica 独自の記号アーキテクチャを基に構築されたモデルとその接続は,記号式としてすっきりと表現され,操作される.

参照項目参照項目

モデルの接続

SystemsModelSeriesConnect 2つのモデルを直列に接続する

SystemsModelParallelConnect 2つのモデルを並列に接続する

SystemsModelStateFeedbackConnect 2つのモデルを状態フィードバックを使って接続する

SystemsModelFeedbackConnect フィードバックを使って2つのモデルを接続する

モデルの操作

SystemsModelDelete 部分システムを削除する

SystemsModelExtract 部分システムを抽出する

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »