基本的なモデル化

Mathematica はデータオブジェクトを使ってスカラー系と多変数系の連続・離散時間モデルの作成と操作のための便利で自然な方法を提供する.これらのオブジェクトにはモデルについての全情報が含まれ,別のものと自由に変換でき,他の関数に即座に渡すことができ,ノートブックインターフェースで従来の形式でタイプセットされるため,合理的で効率的なワークフローが提供される.Mathematica では制御系の表現に Mathematica 独自の記号アーキテクチャを存分に使用しているため,従来の系では数値解に限られてしまっていたところで,閉形式解を提供することができる.数値的な方法は最新の高性能・高精度アルゴリズムを使って実装されている.

参照項目参照項目

中核モデル

TransferFunctionModel 伝達関数モデル

StateSpaceModel 状態空間モデル

SystemsModelDimensions ▪ SystemsModelOrder

時間遅延を伴うモデル »

SystemsModelDelay ▪ TransferFunctionModel ▪ StateSpaceModel ▪ ...

代数制約条件付モデル »

DescriptorStateSpace ▪ StateSpaceModel ▪ ...

モデルの変換

TransferFunctionExpand 伝達関数の分子と分母を展開する

TransferFunctionFactor 伝達関数の分子と分母を因数分解する

TransferFunctionCancel ▪ TransferFunctionPoles ▪ TransferFunctionZeros

サンプリングと逆サンプリング

ToContinuousTimeModel モデルの連続時間近似を与える

ToDiscreteTimeModel モデルの離散時間近似を与える

ContinuousTimeModelQ ▪ DiscreteTimeModelQ

オプション

SamplingPeriod ▪ SystemsModelLabels ▪ StateSpaceRealization ▪ DescriptorStateSpace

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »