バージョン6.0の新機能:関数の可視化

Mathematica の重要な機能である数値計算,代数計算,幾何計算の間の連結性を向上するために,バージョン6.0には自動的に美しくに出力するための重要な技術的革新に加えて,普遍的適応性,領域または量による陰的なプロット,自動特異点分析,任意のプロット領域,メッシュオーバーレイに関する機能が加えられており,最先端の関数の可視化機能が実現された.

参照項目参照項目

Plot(変更) 自動的な補填,排除等のサポートの開始

LogPlot ▪ LogLinearPlot ▪ LogLogPlot

Plot3D(変更) 適応性,任意のメッシュ,色,補整等

ContourPlot(変更) 完全な適応性,自動的な等高線ラベル付け等

DensityPlot(変更) 完全な適応性,色関数,領域指定等

ContourPlot3D 3D等高線プロット

ParametricPlot(変更) パラメトリック領域等の追加

ParametricPlot3D(変更) 完全な適応性,複数関数,メッシュ等

PolarPlot ▪ RevolutionPlot3D ▪ SphericalPlot3D

RegionPlot 不等式によって定義される2D領域

RegionPlot3D 不等式によって定義される3D領域

関数の可視化の新オプション »

Filling ▪ MeshFunctions ▪ RegionFunction ▪ Exclusions ▪ ...

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »