バージョン6.0の新機能:行列と線形代数の関数

Mathematica はバージョン6.0でも任意の精度に一般化され,完全な記号機能を備えた最新の,そして最も効率的な線形代数のためのアルゴリズムを提供し続けた.特記すべき機能としては,Mathematica の記号構造によって,通常のバンド行列の非常に柔軟な指定が可能になるということが挙げられる.

参照項目参照項目

行列の構造の新関数

Span (;;) — ベクトルと行列から列と部分ブロックを抽出する

Band 一般化されたバンド行列構造を記号的に指定する

ArrayFlatten 一般化されたブロック行列コンストラクタ

Diagonal 行列の対角を抽出する

HermitianMatrixQ ▪ PositiveDefiniteMatrixQ

行列の操作の新関数

LeastSquares 行列形式で与えられた最小二乗問題を解く

MatrixExpMatrixPower(変更) — ベクトルに適用できるように変更

HermiteDecomposition 行列のエルミート(Hermite)正規形式

新ベクトル空間関数

Normalize ▪ Orthogonalize ▪ Projection ▪ UnitVector ▪ ConstantArray

新特殊行列

HilbertMatrix ▪ HankelMatrix ▪ ToeplitzMatrix ▪ DiagonalMatrix(変更)

新幾何学変換 »

RotationMatrix ▪ ShearingMatrix ▪ AffineTransform ▪ ...

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »