バージョン6.0の新機能:システムインターフェースと配備

Mathematica 6.0は世界で最も高度なソフトウェアエンジニアリングの試みのひとつであった.Mathematica の記号プログラミング基盤上に構築された一連のソフトウェアエンジニアリングの革新により,Mathematica 6.0の新しい動的インタラクティブ機能が可能となり,Mathematica の非常に効率的なクロスプラットフォーム通信機能がさらに拡張された.

参照項目参照項目

動的インタラクティブ機能の新規サポート »

Dynamic ▪ DynamicModule ▪ Refresh ▪ ...

外部デバイスの新規サポート »

ControllerManipulate ▪ ControllerInformation ▪ ...

新システムコントロールとモニタリング

SystemInformation 完全なシステム情報

CurrentValue ▪ $MachineDomains ▪ $MachineAddresses ▪ MemoryInUse(強化) ▪ $SystemWordLength ▪ $CharacterEncodings ▪ SystemOptions ▪ SetSystemOptions

統合されたWebサービスの新規サポート

InstallService WSDL記述によるWebサービスをインストールする

新ファイル機能

FileHash ▪ FilePrint ▪ FileNames(変更) ▪ Import(変更)

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »