バージョン7.0の新機能:データ操作

Mathematica 7は Mathematica の統一された記号アーキテクチャの上に構築されており,画像,静的モデル,測地データの大規模なサポートを含む,データ操作の主要な統合された形式を新たにいくつか導入する.

参照項目参照項目

画像処理と画像解析の新機能 »

Image データ配列から画像を作成し,任意の複数チャンネル画像を表す

ImageData ▪ ImageDimensions ▪ ImageChannels ▪ ImageHistogram ▪ ...

ImageAdjust レベル,明るさ,コントラスト,ガンマ等を調整する

ImageCrop ▪ ImagePad ▪ ImageResize ▪ ImageRotate ▪ ImageReflect ▪ ...

ColorConvert ▪ ColorSeparate ▪ ColorQuantize ▪ ...

Sharpen ▪ Blur ▪ Lighter ▪ Darker ▪ ImageEffect ▪ ...

ImageFilter 画像に任意の変換を適用する

ImageConvolve ▪ GaussianFilter ▪ LaplacianFilter ▪ GradientFilter ▪ ...

DilationErosion,... — 画像の形態変換

DistanceTransform ▪ TopHatTransform ▪ MorphologicalComponents ▪ ...

ImageAdd ▪ ImageSubtract ▪ ImageMultiply ▪ ImageApply

ImagePartition ▪ ImageAssemble ▪ ImageCompose

統計モデル分析の新機能 »

LinearModelFit データから線形回帰モデルを構築する

NonlinearModelFit 非線形回帰モデルを構築する

GeneralizedLinearModelFit ▪ LogitModelFit ▪ ProbitModelFit ▪ FittedModel

"BestFit" ▪ "FitResiduals" ▪ "ANOVATable" ▪ "CookDistances" ▪ ...

DesignMatrix データからデザイン行列を構築する

ConfidenceLevel ▪ VarianceEstimatorFunction ▪ DispersionEstimatorFunction

Standardize データをゼロ平均,単位分散にシフト,再スケールする

MedianQuartilesQuartileDeviation,...(変更) — 記号分散と共に用いる

補間の新機能 »

BezierFunction 任意の次元のベジエ(Bézier)多様体を表す関数を作成する

BSplineFunction 任意の次元のBスプライン多様体を表す関数を作成する

BernsteinBasis ▪ BSplineBasis ▪ SplineClosed ▪ SplineDegree ▪ SplineWeights ▪ ...

Interpolation(変更)— ある点の補間を求める

新しいインポート・エキスポート形式

"GenBank" ▪ "PDB" ▪ "SDF" ▪ "SMILES" ▪ "MMCIF" ▪ "MOL2"

"SHP" ▪ "TIGER" ▪ "SDTSDEM" ▪ "GeoTIFF" ▪ "SP3"

新しい測地学関数 »

GeoPosition 緯度と経度で指定される測地位置

GeoDistance 測地位置間の距離

GeoPositionXYZ ▪ GeoPositionENU ▪ GeoGridPosition ▪ GeoDirection ▪ ...

GeodesyDataGeoProjectionData 規準楕円,データム,投影

Latitude ▪ Longitude ▪ DMSString ▪ FromDMS ▪ $GeoLocation ▪ ...

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »