バージョン8.0の新機能:コアとなる言語

Mathematica のコアとなる言語は,強力かつエレガントな理念を基に構築されており,高速プロトタイピングから大規模高性能システムに至るまで,非常に深く豊かなプログラミング言語を提供する.バージョン8.0にはプログラミングへの基本的で革新的なアプローチであるシンタックスフリーの言語入力が加わっている.また,自動コード生成,マルチコア並列化,共有ライブラリリンキング,GPUの統合等,多くの重要なパフォーマンス機能も提供する.

参照項目参照項目

Wolfram|Alphaの統合

(入力の最初に) — 自由形式言語を使って Mathematica 出力を生成する

(Ctrl+) — 自由形式言語を入力してインライン Mathematica 入力に変換する

WolframAlpha Wolfram|Alpha APIへのインターフェース

新しいコンパイラ機能 »

Compile ネイティブコードにコンパイルすることによって計算速度を増加する

CompilationTarget Cコードを含むコンパイル済み関数の目標実行時間を指定するオプション

RuntimeAttributes コンパイルされた関数にListable属性を指定するオプション

Parallelization コンパイルされた関数を並列に実行するかどうかを指定するオプション

ダイナミックライブラリリンキング »

LibraryFunctionLoad 共有ライブラリから Mathematica に関数をロードする

LibraryFunction 共有ライブラリを呼び出す関数

LibraryFunctionInformation ライブラリ関数についての情報

LibraryFunctionUnloadLibraryUnload 関数とライブラリをアンロードする

FindLibrary$LibraryPath システム特有のファイル拡張子を決定してライブラリを探す

CUDALink を使ったGPU計算 »

CUDAInformation 全CUDAデバイス情報をリストする

CUDAImageConvolve 画像を指定のカーネルとたたみ込む

CUDAFunctionLoad CUDAを使ってGPUで実行するユーザ定義の関数をロードする

CUDAErosion ▪ CUDADilation ▪ CUDAFourier ▪ CUDADot ▪ ...

CUDAMemoryLoad ▪ CUDAMemoryAllocate ▪ SymbolicCUDAFunction ▪ ...

OpenCLLink を使ったGPU計算 »

OpenCLInformation 全OpenCLデバイス情報をリストする

OpenCLFunctionLoad OpenCLを使ってGPUで実行するユーザ定義の関数をロードする

OpenCLMemoryLoad ▪ OpenCLMemoryAllocate ▪ SymbolicOpenCLFunction ▪ ...

Mathematica プログラムからCを生成する »

Export Mathematica がコンパイルした関数をCコードにエキスポートする

CCodeGenerate Mathematica がコンパイルした関数をCコードにエキスポートする

CCodeStringGenerate ▪ SymbolicCGenerate ▪ LibraryGenerate

Cコードの記号表現 »

ToCCodeString 記号的なCの式をCコードの文字列に変換する

CAddress ▪ CAssign ▪ CBlock ▪ CCall ▪ CFor ▪ CFunction ▪ ...

CIf ▪ CMember ▪ CPointerType ▪ CReturn ▪ CStruct ▪ ...

Mathematica からCコンパイラを呼び出す »

CreateExecutable Cコードから実行ファイルを作成する

CreateLibrary Cコードからライブラリを作成する

スケジュールされたタスクの作成と実行 »

CreateScheduledTask 時間指定付きの評価を行うためのタスクを作成する

RunScheduledTask 時間指定付きの評価を行うためのタスクをスケジュールして実行する

RemoveScheduledTask ▪ ResetScheduledTask ▪ ScheduledTaskObject ▪ ...

ScheduledTasks ▪ StartScheduledTask ▪ StopScheduledTask ▪ ...

$ScheduledTask ▪ ...

条件文 »

ConditionalExpression 指定の条件を満足したときに有効となる式を表す

メッセージの扱いにおける新機能

Assert アサーションをテストする

$AssertFunction 失敗したアサーションに適用する関数を指定する

並列計算におけるパフォーマンスの向上

Parallelize(変更)— パフォーマンスの向上,定義の自動分配

LaunchKernels(変更)— カーネルの起動におけるパフォーマンスの向上

DistributeDefinitions(変更)— 定義の分配におけるパフォーマンスの向上

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »