ノートブックの基本

Mathematica では,標準のインタラクティブインターフェースを使って,簡単な計算から出版品質のドキュメントや高度な動的インターフェースまでノートブック内で行うことができる.Mathematica ノートブックは,使い慣れた文書処理メタファーを利用できるように注意深く設計されており,ライブ計算,任意の動的インターフェース,完全なタイプセット入力,画像入力,自動コード注釈付け,完全な高レベルプログラム的インターフェースをサポートした非常に強力な計算ドキュメントである.また,何千もの注意深く整理された関数とオプションがある.

参照項目参照項目

Shift+Enter 計算を行う

どのように入力するかを選択する(Mathematica 言語,自由形式,テキスト等)

(入力の最初に) — 自由形式言語を使って Mathematica 出力を生成する

F1 情報またはヘルプを得る

右クリック コンテキスト特有のメニューを得る

セルグループとアウトライン »

グループブラケットをダブルクリック セルグループを開いたり閉じたりする

セルブラケットをダブルクリック グループ内の他のすべてのセルを閉じる

計算の管理 »

Alt+. 計算を放棄する

Ctrl+L 直前の入力をコピーする

選択とタイプ »

トリプルクリック 関数とその引数を選ぶ

下付き文字(Ctrl+_) ▪ 特殊文字 ▪ 標準形に変換 ▪ カラーシンタックスの説明 ▪ ...

スタイルとフォーマット »

Alt+7 テキストセル(デフォルトのスタイルシートで)(書式 ► スタイル ► ...

Alt+4 セクション見出しセル(デフォルトのスタイルシートで)

Alt+Enter 同じスタイルの新規セルを作成する

書式 ►  スタイルシート ▪ ...

グラフィックスの操作

ドラッグ 3Dグラフィックスを回転させる

Ctrl+D グラフィックス描画ツールを開く(グラフィックス ► 描画ツール

大域ノートブック操作

別名で保存 ► HTML等 ▪ ノートブック履歴 ▪ スペルチェック ▪ 送る

ノートブック環境のカスタマイズ »

環境設定 ▪ オプションインスペクタ ▪ ...

メニュー項目 »

ファイル ► 新規作成 ▪ 保存 ▪ 印刷 ▪ 終了 ▪ ...

挿入 ► 表・行列 ▪ 描画ツール ▪ オプションインスペクタ ▪ ...

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »