インタラクティブな操作のためのオプションとスタイル

Manipulateは非常に強力な関数で,使いやすさと外観を自動的に最適化しながら完全な動的インターフェースを即座に作り上げることができる.特定の応用については,多くのオプションを使ってManipulateの動作と表示をカスタマイズすることもできる.

参照項目参照項目

自動Manipulateアクションにアクセスする

制御オプション

Delimiter コントロール間に区切りを挿入する

TextStyleRow... コントロール間に注釈を与える

Control インタラクティブなコントロールで,タイプは自動的に選ばれる

ControlPlacement コントロールをどこに置くか

ControlType どの種類のコントロールを使うか(SliderLocator,...)

ImageSize等 — 各コントロールの個々のオプション

AutoAction コントロールがクリックしなくてもアクティブになるかどうか

AnimationRate ▪ AnimationRunning ▪ AnimationRepetitions

全体の外観

Paneled ▪ ImageMargins ▪ FrameMargins ▪ Alignment ▪ LabelStyle

AppearanceElements 表示するコントロールや他の要素

内容と内容オプション

Pane 内容の固定領域を設定する

PlotRangeImagePadding... 画像の安定のためのグラフィックスオプション

PreserveImageOptions ▪ ImageSizeAction ▪ ShrinkingDelay ▪ TooltipDelay

Deployed Manipulateの内容の編集が無効になるようにするかどうか

自動実行とブックマーク

AutorunSequencing コントロールをどのようにアニメーション化するかを指定する

Bookmarks 任意のブックマークを指定する

DisplayAllSteps ▪ Exclusions ▪ RefreshRate

ゲームパッドとデバイス »

ControllerLinking ▪ ControllerPath ▪ ControllerMethod

初期化と設定

SaveDefinitions ▪ Initialization ▪ Deinitialization ▪ LocalizeVariables

パフォーマンスの調整

ContinuousAction コントロールが動くときに連続的に更新するかどうか

ControlActive コントロールが動かされているときのために異なる動作を設定する

SynchronousInitialization ▪ SynchronousUpdating ▪ TrackedSymbols

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »