パレット

Mathematica では,パレットは単にボタンなどのコントロールが集められたノートブックである.非常に強力なMathematica の一様な設計により,プログラムで容易に構築できる記号指定が即座にアクティブなパレットとして配備できる.

参照項目参照項目

パレット ►  組込みおよびユーザが加えたパレットのメニュー

パレットのインストール パレットをパレットメニューに加える

CreatePalette 式からパレットを作成してスクリーン上で開く

パレットの要素

Button 任意のラベルと任意の動作のボタン

PasteButton 現在の位置に内容をペーストするボタン

Appearance ボタンの外観を指定するオプション(等)

FileNameSetter ▪ ColorSlider ▪ PopupMenu

PaletteNotebook 完全なパレットの記号表現

レイアウト

Column ▪ Grid ▪ Spacings ▪ OpenerView ▪ MenuView ▪ TabView

注釈とスタイル

Tooltip ▪ Mouseover ▪ StatusArea ▪ Labeled ▪ Panel ▪ Style ▪ Speak

ウィンドウオプション »

WindowTitle ▪ WindowMargins ▪ WindowOpacity ▪ ClosingAutoSave ▪ ...

パレットの動作 »

SetOptions ▪ NotebookApply ▪ Print ▪ CreateDocument ▪ NotebookFind ▪ ...

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »