並列計算

Mathematica は独自の統合され,自動化された並列計算環境を提供する.何も設定しなくても,Mathematica 言語の記号文字と,完全なインタラクティブ機能とシームレスなローカルおよびネットワークの操作により,種々の既存の,あるいは新しい並列計算パラダイムとデータ共有モデルが可能となる.

参照項目参照項目

自動並列化

Parallelize 自動並列化を用いて式を評価する

ParallelTry 異なる計算を並列に試み,得られた最初の結果を返す

計算の設定とブロードキャスト »

ParallelEvaluate 全並列サブカーネルで1つの式を評価する

DistributeDefinitions 定義を全並列サブカーネルに分配する

ParallelNeeds 全並列サブカーネルに同じパッケージをロードする

データの並列化 »

ParallelMap ▪ ParallelTable ▪ ParallelSum ▪ ...

ParallelCombine 式を並列で評価し,結果を結合する

並行性制御 »

ParallelSubmit 並行評価する式を送信する

WaitAll 全並行評価が終了するのを待つ

WaitNext 並行評価のリストの次のものが終了するのを待つ

共有メモリと同期 »

SetSharedVariable サブカーネル間で値を同期させるシンボルを指定する

SetSharedFunction 評価を同期させる関数を指定する

$SharedVariables ▪ $SharedFunctions ▪ UnsetShared ▪ CriticalSection

設定 »

LaunchKernels 指定の数のサブカーネルを起動する

$KernelCount 実行中のサブカーネル数

$KernelID ▪ Kernels ▪ AbortKernels ▪ CloseKernels ▪ ...

$ProcessorCount 現在のコンピュータのプロセッサコアの数

マルチプロセッサおよびマルチコアの計算

Compile 並列に実行するコンパイル済み関数を作成する

Parallelization コンパイル済みの関数を並列に実行する

CompilationTarget 機械レベルのコンパイル済み並列関数を作成する

GPU計算 »

CUDAFunctionLoad CUDAを使ってGPUで実行するユーザ定義の関数をロードする

OpenCLFunctionLoad OpenCLを使ってGPUで実行するユーザ定義の関数をロードする

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »