行列の部分

Mathematica には行列の部分の抽出と操作に便利ないくつかの方法がある.柔軟な (Part)と (Span)の2つのシンタックスは,部分行列と行列の要素に対する操作のコンパクトながらも分かりやすい表現を提供する.Mathematica の記号文字もまた,パターンと規則ベースの要素指定に便利である.

参照項目参照項目

Dimensions 行列の次元

MatrixQ 式が行列であるかどうかを判定する

Part 要素と部分行列: で再設定可能

Take 行,列,部分行列を取り出す

Drop 行,列,部分行列を取り除く

Diagonal 対角上の要素のリストを取得する

RotateLeftRotateRight 列と行を循環的に回転させる

Reverse 列と行を逆にする

Transpose 列と行を交換する

Join 複数の行列の列と行を結合する

UpperTriangularize ▪ LowerTriangularize

Position パターンに合致する要所の場所を求める

Extract リストで指定される位置の要素を抽出する

ReplacePart 要素の集合を置換する

ArrayRules 非零の要素の位置と値のリストを得る

Map すべてのレベルに関数を適用する

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »