パターン

Mathematica のコアとなる言語の最大の強みのひとつに,強力・簡潔かつ分かりやすい記号的パターン言語がある.Mathematica のパターン言語は,通常の式が任意の記号構造の一般的なパターンを記述するというように概念を一般化し,個々の関数ですぐに使う場合にも,システマティックな大規模プログラミングの場合にも便利である.

参照項目参照項目

基本のパターンオブジェクト

_ (Blank)— 任意の式(埋めるための「空欄」)

x_ x として参照される任意の式

__ (BlankSequence)— 1つ以上の式の任意の列

___ (BlankNullSequence)— 0個以上の式の任意の列

複合パターン

p|p|p (Alternatives) — 複数の代替案のうちの任意のもの

p.. (Repeated),p... (RepeatedNull) — 繰り返すパターン

x:p (Pattern) — x として参照される任意のパターン

Except 指定のパターン以外のすべて

LongestShortest 合致するものの中の最も長いものと最も短いもの

OptionsPattern ▪ PatternSequence ▪ Verbatim ▪ HoldPattern

パターンの制限

_h 指定の頭部h を持つパターン(_Integer等)

Condition (/;) — パターンの条件(等)

PatternTest (?) — 関数テストを伴うパターン(_?NumberQ等)

パターンのデフォルト

_:e (Optional) — 存在しない場合はデフォルトがe とされるパターン

_. (Optional) — 定義済みデフォルトのパターン

Default 関数の定義済みデフォルト引数

パターンに影響する属性

Orderless ▪ Flat ▪ OneIdentity

文字列パターン »

StringExpression 記号的な文字列パターン

パターンマッチング関数 »

MatchQ ▪ Cases ▪ Position ▪ Count ▪ ...

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »