置換

置換は離散数学の中でも最も基本的な要素の一つである.置換は変換の離散群を表すのに使用でき,特に対称性の概念の記述に重要な役割を果たす.Mathematica 8ではリストと巡回の両方の形で置換を使うための新しい機能が提供されており,さまざまな方法で一般的な式に対して適用できる.

参照項目参照項目

置換表現

Cycles 巡回置換表現

PermutationCyclesQ 妥当性の検証

PermutationCycles 巡回表現に変換する

PermutationList 置換リスト表現に変換する

PermutationListQ 妥当性の検証

RandomPermutation 置換のランダム生成

置換操作

PermutationReplace 他のオブジェクトに対する置換の標準動作

PermutationProduct ▪ InversePermutation ▪ PermutationPower

Permute 式の引数を置換する

FindPermutation 2つの式をリンクする置換

Permutations 式の引数の全置換

置換の特性

PermutationOrder 置換の順序

PermutationSupport ▪ PermutationLength ▪ PermutationMin ▪ PermutationMax

置換リスト

Sort 恒等置換リストを返す

Part 置換リストの積

Ordering 逆置換リスト

Signature 置換リストの符号

RandomSample 置換リストのランダム生成

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »