プロットオプション

Mathematica はその中核に記号パラダイムと高度な数値,記号,幾何学アルゴリズムへの即座なアクセスがあり,完全な美観を保ちながら,関数とデータの知覚的に強力なグラフィックスを作成し,アルゴリズム的に機能を強調するための,非常に柔軟で一様なフレームワークを提供することができる.

参照項目参照項目

PlotStyle 点,曲線,面のスタイル

PlotMarkers 離散データ点のマーカー

結合

Joined 点を繋げて線にするかどうか

充填

Filling 点,曲線,面の下にどのような充填を行うか

FillingStyle ▪ ClippingStyle ▪ BoundaryStyle

»

ColorFunction 曲線や面の色を指定する関数

ColorRules ▪ ColorFunctionScaling ▪ Blend ▪ ColorData ▪ ...

凡例 »

PlotLegends 点,曲線,面の凡例

テクスチャ

TextureCoordinateFunction 表面に使用するテクスチャ座標

Texture ▪ TextureCoordinateScaling ▪ ExampleData

メッシュ表示

Mesh どのようなメッシュ線,点等を含むか

MeshStyle メッシュ線,点等のスタイル

MeshShading メッシュパッチの色の配列

MeshFunctions 一連のメッシュ線等を定義する関数

等高線プロット

Contours ▪ ContourStyle ▪ ContourShading ▪ ContourLabels ▪

プロット領域 »

PlotRange プロットに含む値の範囲

RegionFunction プロット領域を定義する一般関数

関数の不連続性

Exclusions 不連続性と除外領域をどのようにどこで確認するか

ExclusionsStyle 漸近線,除外領域等をどのように描画するか

サンプリングと適応

PlotPoints 各変数の初期サンプル点数

MaxRecursion 再帰的部分分割の最大レベル

PerformanceGoal 速度または質についての最適化を試みるかどうか

離散関数の描画

ExtentSize 各プロット点から拡張する距離と方向

ExtentMarkers 範囲の境界に使用するマーカー

ExtentElementFunction 範囲のプリミティブを生成する関数

データの描画

InterpolationOrder 2Dおよび3Dにおいてどのように点を結合するか(ステップの場合は0,線の場合は1等)

DataRange ▪ MaxPlotPoints

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »