プログラムによるノートブックとインターフェースのカスタマイズ

Mathematica の統合環境ではMathematica のインターフェースのすべてを制御し,記号構造とMathematica 言語関数を使ってプログラムにより指定することができる.

参照項目参照項目

Options ノートブックまたはMathematica インターフェースの任意のオプションの設定について見る

SetOptions 1000以上のオプションの中から任意のものを設定する

$FrontEnd 完全なMathematica フロントエンドを表す記号オブジェクト

$FrontEndSession 現在のMathematica セッションの記号オブジェクト

SelectedNotebook ▪ EvaluationNotebook ▪ NotebookSelection

セルとスタイルのオプション »

DefaultNewCellStyle ▪ StyleDefinitions ▪ InputAliases ▪ ...

ウィンドウオプション »

Magnification ▪ DockedCells ▪ Background ▪ WindowMargins ▪ ...

CurrentValue 動的に更新されるインターフェース値を求める

EventHandler ▪ FrontEndEventActions ▪ NotebookEventActions

FrontEndTokenExecute メニューのようなフロントエンドコマンドを実行する

FrontEndExecute 実行する式をフロントエンドに送る

UsingFrontEnd 必要に応じてフロントエンドを使ってカーネルコマンドを実行する

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »