q 関数

関数は通常の超幾何関数の直後に導入され,超幾何関数とその他の関数の理論的一般化として長期に渡り研究されてきた.Mathematica はこの度初めて 関数の幅広い記号操作と完全な数値評価を可能にした.これにより,総和,乗積,漸化式の解等の閉形式で日常的に 関数が使えるようになった.

参照項目参照項目

q 乗積

QPochhammer ▪ QFactorial ▪ QBinomial ▪ QGamma

q 総和

QHypergeometricPFQ ▪ QPolyGamma

SumProduct 関数を含む総和・乗積を計算する

RSolve 再帰関連を解く

関連関数

DedekindEta ▪ KleinInvariantJ ▪ ModularLambda ▪ EllipticTheta ▪ InverseEllipticNomeQ

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »