規則とパターン

Mathematica の記号プログラミングパラダイムの中核には任意の記号パターンの変換規則の概念がある.Mathematica のパターン言語は,式のクラスの非常に一般的な集合を記述し,非常に理解しやすく,洗練された効率的なプログラムが可能となる.

参照項目参照項目

規則 »

lhsrhs (Rule) — 置換規則の表現

expr/.rules (ReplaceAll) — 式に置換規則を適用する

RuleDelayed(:>) ▪ ReplaceRepeated(//.) ▪ Condition(/;) ▪ ...

パターン »

x_ と名付けた任意の式

x__ 式の列

a|b|c 代替形式

Repeated(..) ▪ Except ▪ Longest ▪ Shortest ▪ ...

パターンマッチング関数 »

Cases 指定のパターンに合致するリストまたは式の要素

Position ▪ MemberQ ▪ MatchQ ▪ Count ▪ DeleteCases ▪ ...

割当て »

lhs=rhslhs:=rhs 任意のパターンの割当てを行う

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »