スコープ構文

Mathematicaの記号的アーキテクチャの柔軟性は,局所化,モジュール化のため慎重に定義された構文が豊富に用意されていることに反映されている.複数のスコープ形式を使うことにより,洗練されて解釈しやすく,効率のよいプログラミングが可能になり,プログラムをデータとする考え方をサポートし,数学的な変数の表記と直接対応することができる.

参照項目参照項目

With 指定された変数を値に置き換えて評価する

Module 変数の名前を局所化する(レキシカルスコープ)

Block 変数の値を局所化する(ダイナミックスコープ)

DynamicModule 動的インターフェース構文の変数の名前を局所化する

自動的に名前をスコープする構文

Function 正式な変数が自動的にスコープされる純関数

Rule (->),RuleDelayed (:>) — 自動的にスコープされる名前付きのパターン

Set (=),SetDelayed (:=) — 自動的にスコープされる名前付きのパターン

値が自動的にスコープされる構文

Table 反復子変数が自動的にスコープされた表を作成する

Do ▪ Sum ▪ Plot ▪ Plot3D ▪ NDSolve ▪

他のスコープ形式

BeginEnd シンボルの名前空間を局所化する

ThrowCatch 例外を局所化する

QuietCheck メッセージを局所化する

BlockRandom 擬似ランダムな変数を局所化する

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »