セッションのカスタマイズ

Mathematica では,プログラムによる完全な制御のもとで,ほぼすべてのセッションをカスタマイズすることができる.

参照項目参照項目

$Pre 各入力が処理される前に適用する関数

$Post 各出力に適用する関数

$PrePrint ▪ $MessagePrePrint

SetOptions 関数,ノートブック,フロントエンド用のオプションを大域的に設定する

$FrontEnd ▪ $FrontEndSession

環境設定

OnOff メッセージのオン・オフを切り換える

SetDirectory 現行のディレクトリを設定する

$Path ファイルを検索するディレクトリのリスト

ロケールと国際化 »

$TimeZone ▪ $CharacterEncoding ▪ $Language ▪ $DateStringFormat ▪ ...

セッション履歴のカスタマイズ »

$Line ▪ $HistoryLength ▪ $OutputSizeLimit ▪ ...

大域計算設定 »

$RecursionLimit ▪ $Assumptions ▪ $MaxExtraPrecision ▪ $MinPrecision ▪ ...

低レベルカスタマイズ

$NewSymbol ▪ $NewMessage ▪ $PreRead ▪ $SyntaxHandler ▪ SystemOptions

評価 ► 動的更新の実行 動的コンテンツのオン・オフを切り換える

バッチ処理 »

$Output ▪ $Urgent ▪ $Epilog ▪ $IgnoreEOF ▪ ...

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »