疎な(スパース)配列

Mathematica には特別な疎配列テクノロジーがあり,膨大な数の要素を持つ行列の一部のみが非零の場合に,効率的に配列を扱うことができる.Mathematica の線形代数とすべての標準リストは,特定の位置の要素の値について,非零の要素を規則(パターンを含むこともある)で指定するSparseArrayオブジェクトを使って記号的な形式で操作することができる.

参照項目参照項目

SparseArray 規則のリストまたは密配列から任意の階数の疎配列を作成する

Normal 疎配列を明示的なリストの密配列に変換する

ArrayRules 疎配列の中から要素のための位置→値という規則を見付ける

CoefficientArrays 記号方程式を疎配列に変換する

ArrayPlot グレースケールまたはその他のカラーマップを使って2D疎配列を可視化する

MatrixPlot 疎配列を色,記号等で可視化する

GraphPlot 疎行列をグラフの隣接行列として扱う

疎な線形代数

Dot ▪ LinearSolve ▪ Eigenvalues ▪ SingularValueList ▪ Outer ▪

インポート・エキスポート形式

"MTX" ▪ "HarwellBoeing" ▪ "MAT"

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »