スプライン

Mathematica はグラフィックスおよび計算の両方で使える最新鋭のスプラインをサポートしている.Mathematica では3次スプラインだけでなく,あらゆる次数—曲線,面,任意の次元の一般的な多様体—で使える.Mathematica はスプラインを数値的に扱ったりインポートしたりできるだけでなく,明示的な区分記号関数として表すこともできる.それらは Mathematica の全計算機能と完全に統合されている.

参照項目参照項目

スプラインオブジェクト

BezierFunction 任意の次元のベジエ(Bézier)多様体を表す関数を作成する

BSplineFunction 任意の次元のBスプライン多様体を現す関数を作成する

SplineDegree ▪ SplineKnots ▪ SplineWeights ▪ SplineClosed

基底関数

BernsteinBasisBSplineBasis 数値的または記号的スプライン基底関数

スプライン補間

Interpolation スプラインやその他の方法を使って補間を作成する

グラフィックスプリミティブ

BezierCurve 2Dまたは3Dの任意の次数の合成ベジエ曲線

BSplineCurve 2Dまたは3Dの任意の次数のBスプライン(NURB)曲線

BSplineSurface 任意の次数のBスプライン(NURB)面

インポートとエキスポート

ImportExport スプラインをフォント,CAD,コンピュータグラフィックス等用にインポート,エキスポートする

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »