統計モデル分析

Mathematica の記号的アーキテクチャにより,統計モデルを使用する作業への非常に便利なアプローチが可能となる.Mathematica は任意のデータから始めてフィットモデルの記号表現を生成する.そこから結果とスペクトルの完全な診断を即座に抽出したり,可視化したり,他の計算で使用したりすることができる.

参照項目参照項目

LinearModelFit データから線形回帰モデルを構築する

NonlinearModelFit 非線形回帰モデルを構築する

GeneralizedLinearModelFit 一般のリンク関数を使った,一般化された線形モデル

LogitModelFit ▪ ProbitModelFit

model["property"] モデルから特性,診断等を抽出する

model[x1,...] 特定の点において最もフィットするものの値を計算する

"BestFit" ▪ "FitResiduals" ▪ "ANOVATable" ▪ "ParameterConfidenceIntervals" ▪ "CookDistances" ▪ "Deviances" ▪ "AIC" ▪ "FitCurvatureTable" ▪

FittedModel モデルの記号表現

Normal 記号モデルから最もフィットするものの式を抽出する

詳細制御

Weights ▪ NominalVariables ▪ LinkFunction ▪ LinearOffsetFunction

ConfidenceLevel ▪ VarianceEstimatorFunction ▪ DispersionEstimatorFunction

DesignMatrix データからデザイン行列を構築する

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »