文字列操作

Mathematica 言語の中核には,通常の式だけでなくMathematica 独自の強力な一般記号文字列パターン言語による強固な文字列操作が統合されている.

参照項目参照項目

Unicodeや特殊文字を含む文字列

構造操作

StringJoin (<>) — 文字列を繋げる

StringLength 文字列の長さ

StringSplit 文字列を単語またはその他の単位に分割する

StringTakeStringDrop 文字列の一部を取り出す,もしくは削除する

文字列パターン »

StringExpression 記号文字列パターンを含む記号文字列式

Longest ▪ Shortest ▪ Except ▪ Whitespace ▪ NumberString ▪ ...

文字列の操作 »

StringReplace 文字列パターンの置換を行う

StringCases 文字列パターンの事例を見付ける

StringFreeQ 文字列に文字列パターンが含まれていないかどうかを判定する

StringCount ▪ StringPosition ▪ ...

文字列の配置と比較 »

SequenceAlignment 文字列から合致する列を探す

Nearest 編集距離の最も近い文字列を探す

HammingDistance ▪ EditDistance ▪ LongestCommonSubsequence ▪

Sort 文字列をアルファベット順またはその逆にソートする

Riffle オブジェクトのリストを「リッフル」する

Hash ▪ StringFormat

DictionaryLookup 英語辞書から文字列を検索する

ToStringToExpression 文字列と式の間の置換 >>>

ImportStringExportString 多くの形式の文字列を変換する

"XML" ▪ "Table" ▪ ...

文字の処理 »

Characters 文字列を文字のリストに分割する

ToUpperCase ▪ ToCharacterCode ▪ LetterQ ▪ ...

ファイル名の操作 »

FileNameSplit ▪ FileNameTake ▪ FileBaseName ▪ ExpandFileName ▪

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »