式への構造操作

Mathematica の統合化された記号的アーキテクチャでは, リストのようなオブジェクトに対してだけではなく,具体的なデータ,抽象的なデータなどさまざまな種類を表すものを含む一般的な記号式に対してすぐに構造的な変換操作を行うことができる.

参照項目参照項目

Flatten ネスト化された式を平坦化する(結合)

Thread リストや他の構造式に関数を縫い込む

Sort 式の要素を並べ替える (交換)

FlattenAt 特定の要素を平坦化する

Distribute ネスト化された式に分配

Reverse ▪ Transpose ▪ Outer

Join 式を連結

Append ▪ Prepend ▪ Take ▪ Drop

番号付けされた部分の処理 »

Part([[...]]) ▪ ReplacePart ▪ MapAt ▪ ...

頭部関連の処理

Through ▪ Operate ▪ Composition

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »