シンボルの扱い

Mathematica のシンボルは,記号データの究極的な原子要素である.それぞれのシンボルは固有の名前を持ち,特定のMathematica コンテキスト,あるいは名前空間に存在している.シンボルはいろいろな種類の値や属性を持つことができる.

参照項目参照項目

Symbol シンボルの頭部で,名前からシンボルを作成する

SymbolName シンボルの名前を文字列として返す

Context シンボルのコンテキスト名を返す

Names パターンに合致する名前を持つシンボルのリストを求める

NameQ 文字列がいずれかのシンボルの名前であるかどうかを判定する

Remove シンボルを完全に除去して,その名前が認識されないようにする

$NewSymbol 任意の新しいシンボル名に適用される関数

ValueQ シンボルが何らかの型の値を持つかどうかを判定する

OwnValues ▪ DownValues ▪ UpValues ▪ Options ▪ Attributes

Information シンボルの値に関する情報を出力する

Clear シンボルに関連付けられている値をすべてクリアする

Save シンボルに関連付けられている値を保存する

Unique 固有の名前を持つシンボルを作成する

式と文字列の間の変換 »

ToString ▪ ToExpression ▪ ...

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »