表とスプレッドシート形式

Mathematica は数値データ,文字データの表をフォーマットされたテキストとして,一般的なスプレッドシートファイル形式にエキスポートすることができる.同様に,そのような形式のファイルをインポートして,さまざまな形式のMathematica 配列とメタデータを得ることもできる.

参照項目参照項目

表のテキストの形式

"Table" 一般的な表データ(.dat)

"CSV" コンマ区切りの値(.csv)

"TSV" タブ区切りの値(.tsv)

スプレッドシート形式

"XLS" Excelスプレッドシート(.xls)

"XLSX" Excel 2007形式(.xlsx)

"ODS" OpenDocumentスプレッドシート(.ods)

"SXC" OpenOffice 1.0スプレッドシートファイル(.sxc)

"DIF" VisiCalcデータ交換形式(.dif)

共通要素

"Data" — 数または文字列の配列

"Rules" — 全要素に対する規則

"Elements" — 有効な全要素

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »