テンソル

Mathematica におけるベクトルと行列のリストとしての一貫した表現は,任意の階数のテンソルにも拡張されており,Mathematica の強力なリスト操作関数を即座に数値的,記号的テンソルに適用することができる.

参照項目参照項目

Table 式から任意の階数のテンソルを構築する

Array 関数からテンソルを構築する:Array[f, dims]

SparseArray 疎な 形式でテンソルを指定する

Dimensions テンソルの次元

ArrayDepth テンソルの階数

ArrayQ オブジェクトが指定の階数のテンソルであるかどうかを判定する

MatrixForm 任意の階数のテンソルを表示する

KroneckerDelta 単位テンソル

LeviCivitaTensor 完全に逆対称のテンソル

Band 疎配列の帯構造を指定

Transpose 任意の方法で指数を並べ替えて転置する

Dot (.) — ドット積

Inner 一般化された内積

Outer 一般化された外積

Tr 一般化されたトレース

Flatten 任意のレベルの列で平坦化

ArrayFlatten ▪ Partition ▪ PadLeft ▪ PadRight

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »