式の判定

Mathematica の記号式は幅広い範囲のオブジェクトを表すことができる. Mathematica には,式をテストするための関数が数多く用意されている.「質問をする」関数は名前の最後にQが付き,答えが明確に真である場合はTrueを返し,そうでない場合はFalseを返す.

参照項目参照項目

等号と不等号

Equal (==),Unequal (!=) — 数値的等価

SameQ (===),UnsameQ (=!=) — リテラルな記号的同一性

Less(<) ▪ Greater(>) ▪ LessEqual(<=) ▪ GreaterEqual (>=)

論理結合 »

And(&&) ▪ Or(||) ▪ Not(!) ▪ True ▪ False ▪ ...

数の属性 »

NumberQMachineNumberQ リテラルな数,リテラルな機械精度数

NumericQ 数値的な量(数値,数値定数,関数を含む)

IntegerQ ▪ EvenQ ▪ OddQ ▪ PrimeQ ▪ CoprimeQ ▪ AlgebraicIntegerQ ▪ ...

Positive ▪ Negative ▪ NonPositive ▪ NonNegative ▪ PossibleZeroQ

リスト指向の判定

VectorQMatrixQ 指定の型の要素を持つようなベクトル,行列

ArrayQ 任意の深さの完全な配列

MemberQ リスト内にパターンがあるかどうかを判定する

式の判定

MatchQ 式がパターンに合致するかどうかを判定する

AtomQ ▪ TrueQ ▪ OrderedQ ▪ PolynomialQ

文字列の判定 »

StringQ ▪ StringMatchQ ▪ StringFreeQ ▪ LetterQ ▪ DigitQ ▪ SyntaxQ ▪ ...

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »