時間の測定と最適化

Mathematica の記号的な時間フレームワークは時間情報を分析するだけでなく,アルゴリズムの構造への利用も可能にしている. Mathematica はプログラマーがMathematica の慎重に調整された内部コードにあるような強力な最適化を利用できるように,関数を提供している.

参照項目参照項目

TimeConstrained コマンドを最大で指定された時間だけ実行する

Timing Mathematica カーネル内でコマンドを実行するCPU時間

AbsoluteTiming コマンドを実行する実時間

TimeUsed ▪ SessionTime ▪ AbsoluteTime ▪ $TimeUnit

時間の最適化

N 厳密な数ではなく近似を用いる

Compile 数値関数をコンパイルしてバイトコードまたは機械コードにする

Dispatch 規則の大きなリストを前処理する

Hash 任意の式の数値ハッシュコードを求める

DumpSave データをネイティブのMathematica 形式.mxで保存する

$IterationLimit ▪ WorkingPrecision ▪ PerformanceGoal ▪ Method

低レベル関数

Refresh ▪ ClearSystemCache ▪ SystemOptions

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »