調整とデバッグ

Mathematica の最適化されたアーキテクチャではエレガントで効率のよいプログラムを容易に書くことができる. Mathematica の記号文字はプログラムのほんの一部分でも即座に実行し,テストすることを可能にする.また,任意の詳細なコンパイルコントロールから今までにない高レベルの記号分析まで,完全なソフトウエアサポートが提供されている

参照項目参照項目

Monitor 計算中に値を動的に監視する

StepMonitorEvaluationMonitor 組込みアルゴリズムを監視する

SowReap 計算内から値のリストを蓄積する

Print 任意の式やグラフィックスを表示する

PrintTemporary 一時的な出力を表示し,計算の最後に除去する

Dialog 計算の任意の段階でサブセッションに入る

評価 ► デバッガ インタラクティブなデバッガを開始する

Assert コードが実行されたときに確認するアサーションを与える

トレースの実行 »

Trace ▪ TracePrint ▪ Stack ▪ ...

メッセージ »

On 単一のメッセージまたはメッセージのグループをオンに切り換える

Off ▪ Message ▪ Check ▪ Quiet ▪ ...

時間 »

TimeConstrained 計算のためのCPU時間を制限する

TimingAbsoluteTiming CPU時間と実時間

N ▪ Compile ▪ Dispatch ▪ Hash ▪ DumpSave ▪ ...

メモリ »

Clear 値をクリアする

MemoryConstrained 計算のためのメモリ使用量を制限する

ByteCount ▪ MemoryInUse ▪ Share ▪ Short ▪ Compress ▪ $HistoryLength ▪ ...

プログラムの調整

Method アルゴリズム的関数で使用するメソッド指定する

PerformanceGoal 質,速度等について最適化するかどうかを指定する

ExampleData テスト例題用のデータ

並列化 »

Parallelize 利用できるプロセッサで自動的に計算を並列化する

動的インタラクティブ機能の調整

TrackedSymbols ▪ SynchronousUpdating ▪ UpdateInterval

低レベルシステム最適化 »

SystemOptions ▪ ClearSystemCache ▪ SystemInformation ▪ ...

GraphPlot 記号的なコールグラフをレイアウトする

シンボルの名前空間 »

Names ▪ Remove ▪ Unique ▪ ...

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »