ユーザインターフェース構成とレイアウト

Mathematica の記号的構造により,ユーザインターフェースの高度なレイアウトの作成と操作がこれまでに例のないように容易に行えるようになった.その構成は静的なものであることもあり,またプログラムの実行時に動的に作成される構成の場合もある.

参照項目参照項目

テーブルコンストラクト

Grid 任意の2次元のレイアウトを作成

ItemSize ▪ Spacings ▪ Dividers ▪ Frame ▪ Alignment ▪

Row, Column 1次元レイアウト

RadioButtonBar ▪ CheckboxBar ▪ SetterBar ▪ TogglerBar

注釈構造 »

Panel システムパネルで任意のものを囲む

Labeled オブジェクトにラベルを付けて表示する

Overlay 別のオブジェクトのオーバーレイとなっているオブジェクトを表示する

Tooltip ▪ Mouseover ▪ ProgressIndicator ▪ ...

外観の選択 »

TabView 任意のラベルの付いたタブを使って選択

OpenerView ▪ MenuView ▪ PaneSelector ▪ ...

オプション

ImageSize ▪ ImageMargins ▪ FrameMargins

Appearance コントロールの詳細な外観

Enabled コントロールが有効であるか,淡色表示されるか

BaselinePosition 周りのテキストとオブジェクトをどのように揃えるか

Deploy コントロールのみが変更できるようにインターフェースを配置する

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »