ベクトルの可視化

Mathematica では,完全に自動化されたベクトル関数とデータの高度な可視化が行える.これはフローや力線,その他どのような複雑さのベクトル場でも表すのに適している.

参照項目参照項目

ストリームの可視化

StreamPlot ベクトル場関数からストリームプロットを作成する

ListStreamPlot ベクトル場データからストリームプロットを作成する

LineIntegralConvolutionPlot ▪ ListLineIntegralConvolutionPlot

ベクトルの可視化

VectorPlot ベクトル場関数からベクトルをプロットする

ListVectorPlot ベクトル場データからベクトルをプロットする

ベクトルとスカラーの可視化

StreamDensityPlot ベクトル場関数とスカラー場関数のプロットを重ねる

ListStreamDensityPlot ベクトル場データとスカラー場データのプロットを重ねる

VectorDensityPlot ▪ ListVectorDensityPlot

3Dベクトルの可視化

VectorPlot3D ▪ ListVectorPlot3D

オプション

StreamPointsVectorPoints 置かれている流線,ベクトルの数

StreamScaleVectorScale 流線,ベクトルのスケールと大きさ

ColorFunctionMeshMeshFunctions スカラーのための色付け,メッシュ,輪郭線等の設定

StreamStyle ▪ StreamColorFunction ▪ RegionFunction ▪

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »