How to | 基本的な記述統計を計算する方法

Mathematica には広範に渡る統計のニーズに応えることができる強力な機能が数多く含まれている.以下ではその中でも最もよく使用されるものについて見ていく.

以下のようなデータ(0から50の間の20個のランダムな有理数)を用意する:

In[41]:=
Click for copyable input
Out[41]=

Meanを使っての平均値を求める:

In[42]:=
Click for copyable input
Out[42]=

Medianを使って中央値を求める:

In[43]:=
Click for copyable input
Out[43]=

Maxを使って最大要素を求める:

In[44]:=
Click for copyable input
Out[44]=

Variance(分散)とStandardDeviation(標準偏差)を求めることもできる:

In[45]:=
Click for copyable input
Out[45]=
In[46]:=
Click for copyable input
Out[46]=

分位値を求めたい場合にはQuantileを使うとよい.第1引数はデータ集合,第2引数は0から1の間の数である:

In[47]:=
Click for copyable input
Out[47]=

四分位数あるいは百分位数を求めたい場合は,それぞれの引数と一緒にQuantileを使うとよい:

In[48]:=
Click for copyable input
Out[48]=

四分位数のリストを求めたい場合には,Quartiles関数を使うとよい:

In[49]:=
Click for copyable input
Out[49]=
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »