How to | 数の形式を変更する方法

一般に厳密数を表す方法は1つしかないが,近似数は職種の決まり事や個人的な好みによってさまざまな形で表現することができる.Mathematica は,これらの数の表示を制御する方法をいくつか提供する.数字を表示するオプションは,編集 ► 環境設定ウィンドウの外観からタブを選ぶことによって指定することができる.

整数を入力する:

In[50]:=
Click for copyable input
Out[50]=

有理数を2つの整数の比として入力する.Mathematica は自動的に公約数で約分する:

In[51]:=
Click for copyable input
Out[51]=

近似の実数を小数点を明示的に含めて入力する:

In[52]:=
Click for copyable input
Out[52]=

複素数を入力する:

In[53]:=
Click for copyable input
Out[53]=

有理的な要素を持つ複素数を作成する:

In[54]:=
Click for copyable input
Out[54]=

複素数は複数種の要素の混合であってもよい:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
    

小数点を持つ厳密実数を表示するためには,まずこの数を近似実数に変換する.ここではN を近似実数に変える:

In[56]:=
Click for copyable input
Out[56]=

また,厳密数と近似数を混ぜて使って計算すると,結果は近似数で返される:

In[57]:=
Click for copyable input
Out[57]=

NumberFormは指定された有効桁で数を表示する:

In[58]:=
Click for copyable input
Out[58]//NumberForm=

有効桁が n 桁で小数点以下の桁数が k 桁である数をNumberForm[expr, {n, k}]の形式を使って要求することができる.数字が既知でない場合には,その桁はゼロで充填される:

In[59]:=
Click for copyable input
Out[59]//NumberForm=

会計に Mathematica を使う場合には,AccountingFormを使う:

In[60]:=
Click for copyable input
Out[60]//AccountingForm=
Out[61]//AccountingForm=
Out[62]//AccountingForm=

科学的な演算には,ScientificFormを使う:

In[63]:=
Click for copyable input
Out[63]//ScientificForm=

EngineeringFormを使うこともできる:

In[64]:=
Click for copyable input
Out[64]//EngineeringForm=
    

進数を変える場合は,BaseFormを使う:

In[65]:=
Click for copyable input
Out[65]//BaseForm=
    

これらの形式はいずれもさらに計算を行うためのものではなく,表,ラベル等で最終的な表示を行うためのものである:

In[66]:=
Click for copyable input
Out[66]=
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »