How to | リストを組み合せたり並べ替えたりする方法

Mathematica は,どのような種類の構造でいくつ要素が含まれているリストでも並べ替えることができるという高柔軟性を持つ完全なデータ操作言語を提供する.

重複する要素を数個含めた6個の整数のリスト(として保存する)を設定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

Sortを使ってリストの要素を並び替える:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

Unionを使ってリストを並び替え,重複するものを削除する:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

再定義されない限り,はもとの値を持っている点に注意のこと:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

を再定義する:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=
In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=

Reverseを使ってを逆にする:

In[7]:=
Click for copyable input
Out[7]=

の要素を左へ2つ分回転させる:

In[8]:=
Click for copyable input
Out[8]=

の要素を右へ2つ分回転させる:

In[9]:=
Click for copyable input
Out[9]=

の左をで充填して長さを10にする:

In[10]:=
Click for copyable input
Out[10]=

Partitionを使ってリストを長さが2のサブリストに分割する:

In[11]:=
Click for copyable input
Out[11]=

リストを長さが2のサブリストにオフセット1で分割(Partition)する:

In[12]:=
Click for copyable input
Out[12]=

Splitを使ってリストを連続する同一要素ごとに分ける:

In[13]:=
Click for copyable input
Out[13]=

Flattenはネストされたリスト内部の中カッコを削除する:

In[14]:=
Click for copyable input
Out[14]=

Joinを使ってリスト集合の要素を連結させる:

In[15]:=
Click for copyable input
Out[15]=
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »