How to | グラフィックスをカスタマイズする方法

Mathematica では,グラフィックスをさまざまなオプションを使って2Dおよび3Dのグラフィックスをカスタマイズすることができる.

Plotによって作成されるデフォルトのグラフィックスは,さまざまなデフォルトのオプション値を使う:

In[118]:=
Click for copyable input
Out[118]=

プロットにラベルを加える:

In[119]:=
Click for copyable input
Out[119]=

プロットラベルにスタイルを付ける:

In[22]:=
Click for copyable input
Out[22]=
    

曲線にスタイルを付ける:

In[120]:=
Click for copyable input
Out[120]=

座標軸にスタイルを付ける:

In[24]:=
Click for copyable input
Out[24]=

ラベルにスタイルを付ける:

In[26]:=
Click for copyable input
Out[26]=
    

充填を施したプロットを作成する:

In[126]:=
Click for copyable input
Out[126]=

格子線を描く:

In[127]:=
Click for copyable input
Out[127]=

座標軸上に手入力の目盛を指定する:

In[130]:=
Click for copyable input
Out[130]=
    

プロットの上下に点を加える:

In[32]:=
Click for copyable input
Out[32]=

プロットにスタイル付けされたグラフィックスプリミティブをいくつか加える:

In[33]:=
Click for copyable input
Out[33]=
    

Plot3Dを使って作成したデフォルトのグラフィックスには,さまざまなデフォルトのオプション値が使われている:

In[134]:=
Click for copyable input
Out[134]=

座標軸の交差点を制御する:

In[139]:=
Click for copyable input
Out[139]=
    

メッシュを削除する:

In[140]:=
Click for copyable input
Out[140]=

曲面上に描かれたメッシュの密度を制御する:

In[34]:=
Click for copyable input
Out[34]=
    

いくつかの曲面を一緒にプロットする:

In[143]:=
Click for copyable input
Out[143]=

曲面のプロットされた領域を制御する:

In[144]:=
Click for copyable input
Out[144]=

照明のシミュレーションを指定して曲面の色付けに使う:

In[145]:=
Click for copyable input
Out[145]=

ボックス次元の率を制御して別のスタイルを加える:

In[35]:=
Click for copyable input
Out[35]=
    

PlotおよびPlot3Dを使って生成するプロットをカスタマイズするのに使用できるすべてのオプションのリストを得る:

In[29]:=
Click for copyable input
Out[29]=
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »