How to | データを動的に表示する方法

Mathematica ではデータを動的に,そしてリアルタイムに収集,処理,表示することが可能である.Mathematica には精選された大規模なデータ集が組み込まれており,桁外れの量の情報をすぐに手に入れることができる.

FinancialDataを使ってゼネラル・エレクトリックの最新株価を得る:

In[6]:=
Click for copyable input
In[7]:=
Click for copyable input
Out[7]=

価格を再評価すると,更新された株価が得られる:

In[8]:=
Click for copyable input
Out[8]=

DynamicUpdateIntervalオプションと使うと,一定の時間ごとにゼネラル・エレクトリックの現株価を調べることができる.

以下では,2秒ごとにゼネラル・エレクトリックの株価が調べた結果が表示される:

In[9]:=
Click for copyable input
Out[9]=

より分かりやすくするために,価格が取り出された時間を示すタイムスタンプを含むことができる.価格の前に表示されるリストでは,タイプスタンプは価格が取り出された年,月,日,時刻,分,秒を示す:

In[10]:=
Click for copyable input
In[11]:=
Click for copyable input
Out[11]=

UpdateIntervalがハードコード化されているため,価格が変化しない場合でも更新は行われる.

これらの価格を変数に保存する.この変数を後で使って価格を可視化することができる:

In[12]:=
Click for copyable input
Out[13]=

これで,この出力が可視である限り,ゼネラル・エレクトリックの最新株価がに加えられる.価格の値を保存する際に動的な評価がトリガされることを防ぐためには,TrackedSymbolsオプションが必要である.

このアイディアを使って,評価の時間からのゼネラル・エレクトリックの株価の変動を示す動的な可視化を作成することができる.

が大きくなるにつれて,この可視化をレンダリングするのに長い時間がかかるようになる可能性がある.動的な評価はデフォルトで6秒でタイムアウトとあるように設定されている.この設定は,SynchronousUpdatingオプションをFalseに設定することによって無効にすることができる:

In[14]:=
Click for copyable input
Out[14]=
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »