How to | ノートブックウィンドウで評価にかかる時間を表示する方法

Mathematica で計算を行うのにかかる時間は,効率的なプログラムを書くことを助けてくれる重要な情報である.便利なことに,直近の計算にかかった時間をノートブックの左下端に表示することができる.カーネルで計算されるTimingAbsoluteTimingとは違って,ノートブックウィンドウに表示される値はフロントエンドで計算される.これは,計算の開始から結果が表示されるまでに過ぎた時間を計る簡単な「壁時計」である.

ノートブックの左下に各評価にかかった時間を表示したい場合は,まず書式 ► オプションインスペクタを選ぶか,メニューに表示されているキーボードショートカットを使うかして,オプションインスペクタを開く:

オプションインスペクタ上部にあるドロップダウンメニューで,変更する任意オプションのスコープを設定することができる.例えば,選択されているノートブック を選んで,アクティブなノートブックにおいてのみ変更したいスコープを設定する.

次にノートブック設定から評価設定を選ぶ.評価設定の中でEvaluationCompletionAction(評価完了時のアクション)の右横にあるドロップダウンメニューから"ShowTiming" を選ぶ.適用をクリックしてから,オプションインスペクタを閉じる:

これでノートブックで計算を実行したときにそれぞれの評価時間がウィンドウの左下端に表示される.

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »