How to | PDFにエキスポートする方法

共有あるいは出版のために,自分の書いたものをデフォルトの Mathematica ノートブック形式以外の形式で保存したい場合がある.Mathematica は,ドキュメントをよく使われるファイル形式であるPDF形式でエキスポートすることができる大変強力なシステムを持つ.

ビデオからの例題のいくつかを以下に挙げる.

Mathematica ノートブックをPDFでエキスポートする最も簡単な方法は, ファイル ► 別名で保存のメニュー項目を使う方法である:

PDFにエキスポートしたいノートブックをアクティブウィンドウに設定してから,ファイル ► 別名で保存を選び,ファイル名を与え,PDFをファイル形式として選んで保存をクリックする.

以下の例では,PDFで保存されたノートブックにはプロットと10×10のランダムな整数の行列が含まれている.PDFビューアの拡大率は,ドキュメント全体を示すように低く設定されている:

また,個々のセル,セルのグループ,その他の Mathematica オブジェクトを選んでから,ファイル ► 選択範囲の形式保存を使って,PDFにエキスポートすることもできる.

    

加えて,ノートブック内部からPDFに保存することもできる.これは,大きなセルをエキスポートする場合や,PDFに頻繁にあるいはプログラム内からエキスポートする必要がある場合に,便利な方法である.

エキスポートするプロットを作成する.ここで使うプロットは,上の例のノートブックで使われたものと同じである:

In[8]:=
Click for copyable input
Out[8]=

プロットをPDFにエキスポートする(「」は最新の出力を指す):

In[9]:=
Click for copyable input
Out[9]=

プロットあるいはそのセルを選んでからファイル ► 選択範囲の形式保存を使ってそれをPDFにエキスポートすると,結果として生成されるPDFはここで作成されるものと同じものになる.

また,ノートブック全体をそのノートブック内部からPDFにエキスポートすることもできる:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=

EvaluationNotebookを使ってエキスポートすると,ノートブック全体をエキスポートすることになるので,Export式でさえもPDFには表示される.

この「How to」スクリーンキャストでは,結果のPDFからExport式を削除する方法について触れている.

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »