How to | ファイルを見付けて使用する方法

Mathematica では,インポート,エキスポート,あるいはその他の操作を行うために,数多くのファイル形式をサポートする.Mathematica は,いくつかの標準的な場所でファイルを検索する.これらの場所を変更して,Mathematica のデフォルト検索パスに別のディレクトリを置くこともできる.

Mathematica では,完全ファイルパスを指定せずにファイルを使うことができる.しかし,ファイルは Mathematica がファイルを探すディレクトリのいずれかに入っている必要がある.

Mathematica はデフォルトで$Pathに現れるディレクトリ内のファイルを使用することができる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

Mathematica はまた,完全なファイルパスを指定しなくても,現行の作業ディレクトリに入っているファイルを使うことができる.

Directory[]を評価して,現行の作業ディレクトリを見る:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

FileNames[]を評価して,現行の作業ディレクトリに入っているファイルすべてのリストを見ることができる:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

ワイルドカードを使うと,希望するファイル名を見ることができる:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

ファイルが$Path上のディレクトリや現行の作業ディレクトリにない場合にも,数多くの方法を使ってファイルにアクセスすることができる.

例えば,使用したいファイルやフォルダの完全パスを指定することができる.これを行うために使用できるさまざまな方法については,ファイルパスを挿入する方法を参照のこと.

完全ファイルパスを指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

あるいは,SetDirectoryを使って現行作業ディレクトリを変更する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

$Path上のディレクトリのいずれか,あるいは現行の作業ディレクトリにあるファイルを使う場合は,ファイルの名前を指定するだけでよい.

ファイルを現行作業ディレクトリからインポートする:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

ResetDirectory[]を使って,現行の作業ディレクトリを前の値に再設定する:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=

ディレクトリを$Pathに加えることもできる.

AppendTo$Pathおよびディレクトリパスと一緒に使う:

In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=

これで現行の作業ディレクトリを変更しなくてもがインポートできるようになった:

In[7]:=
Click for copyable input
Out[7]=
In[8]:=
Click for copyable input
Out[8]=

$Pathへの変更は一時的なものであるので,Mathematica かカーネルを再起動すると値は再設定されることに注意する.

この変更を永久的なものにする場合は,上のAppendToコマンドを以下の2つのinit.mファイルのいずれかに加えることができる.ここでは,FileNameJoinを使って,$UserBaseDirectoryおよび$BaseDirectoryから完全なファイルパスを構築する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

$Path$UserBaseDirectory$BaseDirectoryと同様に,他のシステム変数を使ってファイルパスを構築することができる.ディレクトリを表すよく使われるシステム変数には,$RootDirectory$HomeDirectory$InstallationDirectoryがある.

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »