How to | 線形回帰を行う方法

統計モデルでもっともよく使用される方法のひとつに線形回帰モデルがある.線形モデルは,予測変数あるいは予測変数の関数を組み合せることによって反応変数の値を予測しようとする.Mathematica では,LinearModelFitが線形回帰モデルのフィットに関する情報を含むオブジェクトを返し,結果と診断が容易に抽出できるようにする.

データをシミュレーションで作成する:

In[1]:=
Click for copyable input

LinearModelFit を使ってそのデータから線形モデルを構築する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

モデルの関数形式を抽出する:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

モデルの関数形式をプロットする:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=

データと最もフィットする直線を示す:

In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=

パラメータ推定値についての情報を得る:

In[7]:=
Click for copyable input
Out[7]=

標準化された残差を抽出してプロットし,残差をフィットさせる:

In[8]:=
Click for copyable input
Out[9]=

Cook(クック)の距離を観測番号でプロットする:

In[10]:=
Click for copyable input
Out[10]=

もうひとつの方法としてクックの距離と予測値を比較したものをプロットする:

In[11]:=
Click for copyable input
Out[11]=

上の例は, LinearModelFitがサポートする特性の選択肢を示しているが,その他にも多くが使用できる:

In[12]:=
Click for copyable input
Out[12]=
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »